本文へスキップ

下北沢駅西口 徒歩2分 自然療法スクール PURILEAF(プリリーフ)

ご予約・お問い合わせは info@purileaf.com
または TEL.03-3485-1455 

院内設備Q&A

ホメオパシーとは?


◆伝統ある医療です◆

ホメオパシーは、ヨーロッパの伝統的な自然医療です。
今から200年以上前に、ドイツ人医師サミュエル・ハーネマンによって、体系づけられました。

現在では、世界中で10億人がホメオパシーを利用しています。

◆海外のホメオパシー◆

海外では、ドラックストアーなどで、ハーブ製品やアロマ製品と並んで売られていることも多く、ヨーロッパでは保険が適用される国もあります。

エリザベス女王をはじめ、デビットベッカム、ポールマッカートニーなど、多くの有名人に愛されている医療です。⇒ その他の有名人については、こちら。

アジアをみてみると、インドではマハトマガンジーの推薦により、アーユルヴェーダ、西洋医学とならび、第一医学としてホメオパシーが認められ、インドにはホメオパシーの大学が数多く存在しています。

また、19世紀の文学作品には、当時の様子を反映して、ホメオパシーのことが書かれているものもあり、大草原の小さな家にも登場するほど、一般的な医療です。


◆ホメオパシーの歴史◆

しかしホメオパシーは、20世紀初頭から、アメリカ医師会により弾圧され、一旦勢いは衰えます。
ですが、その良さは利用者たちから愛され続け、安全でパワフルな医療として、今再び注目が集まっています。


◆日本とホメオパシー◆

特に、ホメオパシー後進国であった日本では、ホメオパシー医学協会会長、由井寅子氏の研究と活躍により、現代にマッチした新しいホメオパシーメソッドが確立し、多くの実績をあげ、世界中から注目されています。
日本ホメオパシー医学協会には、600名ほどのホメオパスが在籍し、約250カ所のセンターで活動しています。

ホメオパシーは、「同種療法」とも呼ばれ、
ホメオパシーの医師を、「ホメオパス」または「同種療法士」といいます。

安全で、環境に優しく、自己治癒力をパワフルに刺激して自ら治す力を促進する、ホメオパシー。

自然志向の方をはじめ、西洋医学では治りにくい病気や、薬の効かない症状をお持ちの方、
薬が飲めない赤ちゃんや妊婦さんなどに、愛されています。





レメディとは


◆レメディの作用◆

ホメオパシーは、レメディというホメオパシーの薬をとることで、その方の自己治癒力に作用し、本来持っている治す力を最大限に引き出す療法です。

レメディは約3000種類あると言われ、それぞれのレメディには、元になった原物質の名前が付けられています。
(コーヒー豆からつくったレメディは、コフィア(Coff.)、
 ヒペリカムという植物からつくったレメディは、ハイペリカム(Hyper.)、
 ヒ素からつくったレメディは、アーセニカム(Ars.)
 と呼ばれています。)

レメディは、通常、砂糖玉(かアルコール水)の形状をしています。


◆レメディは情報を与える◆

その中には原物質(原料)の”情報”が含まれています。
レメディをとると体はその物質を口にしたかのように錯覚し、火事場の馬鹿力のごとく
自己治癒力を発動します。
なぜなら、レメディの原料は、主に”毒物”だからです。(それに反応して、自己治癒力が高まります。)
ですが、含まれているのは情報のみで、物質は含まれていないので、害はなく安全です。


◆情報だけを与える”レメディ”って、どうやって作られる?◆

レメディは、原物質を特殊な方法で薄めて作っています。
(希釈振盪<きしゃくしんとう>といいます。)
原物質(主に毒物)の分子が、一つも含まれないほど薄められているので安全ですが、
同時に、「それでは何もないのと一緒ではないか?」と思う方も多いでしょう。

ハーネマンは、経験と臨床から薄めたレメディでも病気が治ることを、発見しました。
(超微量の法則)


◆水の不思議な性質◆

その後、フランス人科学者であり、免疫学者のジャック・ベンベニスト博士によっても
水の不思議な性質が、実験で証明されています。
彼の書いた論文は、ネイチャーにも幾度となく掲載されています。
そして彼は、「高希釈された抗血清中の高免疫グロブリンE(IgE抗体)によって誘発されるヒト好塩基球の脱顆粒化」と題する歴史的論文を発表します。この論文で彼は、物質を薄めても、その性質が残ることを実験で証明しました。
ですがこの後、彼は研究者としての道を絶たれることになります。(水の記憶事件)
薄めても効く、といういことは、世の中にとって不都合な真実なのでしょう。

⇒ ジャック・ベンベニスト博士はこんな人。


◆ノーベル賞受賞者も認める水の不思議◆

近年では、
ウイルス学者でエイズウィルスを発見者でもあり、ノーベル賞を受賞しているリュック・モンタニエ博士が ホメオパシーの高希釈に関して真実である、と述べています。

「ある一つの物質の高希釈が”無価値”であることはない。これらは水構造であって、水構造は原分子を模倣(再現)する性質を持つからである。」

モンタニエ博士の実験によると(彼の他の同僚たちによる数多くの実験によっても)、原初の薬剤の電磁信号は水の中に残存し、驚異的な生物学的作用を発揮することがわかっています。

⇒ リュック・モンタニエ博士はこんな人。


◆日本では・・・◆

『水は答えを知っている』の江本勝氏が、日本では有名ですね。



無害で安全なホメオパシーのレメディ、もっともっと活用していただけたらと思います。




好転反応とは



好転反応という言葉を聞いたことがありますか?
この言葉は、ホメオパシー用語というよりも、自然療法全般で使われる言葉です。

◆病気の原因は?◆

自然療法の基本には、「体は本来間違ったことはしない。」という考え方があります。

では、なぜ人は病気になるのか?

それは、自分の中に、本来の自分以外の何かが入り混んでいたり、自分に不要なものを外に出す力が弱くなっていたり、自分本来の生き方をしていないからです。


このように書くと、なんだか分かりずらいですが、
「免疫が高ければ、病気にならない」というのは、みなさんの共通認識ではないでしょうか?

◆免疫とは◆

免疫の定義とは、
「自己と非自己を区別し、非自己を排除する」ということ。

自己と非自己が区別できなくなり、体の中で共存してしまっている状態が、「病気」ともいえるでしょう。

非自己とは、ウィルス・細菌・真菌などの病原菌、農薬・薬・放射能・食品添加物など要らない化学物質、鉛・カドミウム・水銀・アルミニウムなどの不要な重金属、本来排出すべき代謝産物や、人から刷り込まれた考え方・思い込みなども含みます。


体を構成する60兆個の細胞にとって、最適な環境であれば、人は病気になりませんが、
実際にはそうではないのですね。


◆ホメオパシーをとると◆

ホメオパシーのレメディがヒットすると、自己治癒力が高まります。

自己治癒力が高まると、体は必要がないものを外に押し出し、体にとって最適な環境にしようと働きます。
これが、好転反応です。


必要な働きですが、不要なものを出すためには、不快な症状が伴う場合があります。
ですが、必要以上に恐れる必要はないでしょう。

慢性的な疾患の場合には、ホメオパスにご相談ください。




治癒の法則



ホメオパシーでは慢性的にある症状が、以下の法則にしたがって変化している場合、正しく改善されていると考えます。(すべてに当てはまるとは限りませんが、ひとつの参考としてお使いください。)

1.上から下へ
2.中から外へ
3.心から体へ
4.重要な器官から、より重要でない器官へ
5.逆順序の法則

好転反応が起きた場合の目安にしてみてください。


この病気は治りますか?

 
 
「○○という病気は、ホメオパシーで治りますか?」

一番多くいただく質問です。


私は、「どの病気でも治る可能性はある。」とお答えしています。

それは、ホメオパシーで治すことができる、と言っているわけではなく、

病気を作ったその人自身の中に、

病気を治すことのできる可能性も眠っている、と考えているからです。


ホメオパシーの薬(レメディ)が、病気を治すわけではありません。

その方自身が病気を治す力に、劇的に作用するのがホメオパシーです。


私の考える重要な点は、2つです。

1つ目は、その方の中にある、自己治癒力のポテンシャル。
潜在的な能力、可能性です。
自己治癒力は一般的には、お年寄りよりも子どもの方が高いと思われますが、
外的要因・内的要因・遺伝的要因により、違ってくるでしょう。
レメディだけに頼らず、生活を見直していくことも大切です。

2つ目は、その自己治癒力に作用するレメディをホメオパスが上手く選べるかどうか。
ホメオパスが100人いれば、100通りのレメディを選択します。
レメディはそれほど種類が多いですし、ホメオパスの質問やものの見方、人間性が
レメディ選びに大きく反映してくるからです。
信頼できるホメオパスを探してみてください。


⇒ こんな症状の方に


◆何回くらいで改善しますか?◆


繰り返す症状、長く続いている病気の場合、まず3,4回は継続されることをお勧めします。

ただし、1、2回で大きく改善する場合もあります。
病気の深さ、レメディの作用の仕方によっても異なります。



◆好転反応は必ず起きますか?◆

火傷・風邪・怪我など、急性の病気の場合には、好転反応はほとんど出ません。

慢性的に持っている疾患の場合には、必ずではありませんが、好転反応がでるケースが多いです。(出ない場合もあります。)

好転反応といっても、鼻水や痰、下痢、眠気、などの軽いものから、発熱、落ち込み、痛みなど辛いものまでいろいろです。
人間の体は賢く、体にとって最適な方法で病気を治そうとしますので、
私たちの限られた思考で、好転反応を予想することはなかなか難しいものです。

ホメオパシーの治癒の法則「5.逆順序の法則」は、あてはまることが多くあります。
好転反応で、過去の症状が戻ってくることは、よくあるでしょう。

好転反応は、身体の素晴らしい働きです。
恐れすぎず、体からのメッセージとして受け取っていくことが大切です。


◆こんな場合には、注意が必要です◆

また、長引く好転反応の場合には、体力が消耗する場合もありますので、ホメオパスに相談しましょう。

症状の悪化が、必ずしも好転反応とは限りません。(さらに悪化しているケースも考えられます。)ホメオパスに相談することをお勧めします。


◆今飲んでる薬はどうすればよい?◆

ホメオパシーカウンセリングを始めたからと言って、薬をすぐにやめる必要はありません。
むしろ、急にやめてはいけない薬も多くあります。
一人一人の状況に合わせて、ご相談にのります。




当センターのカウンセリングの特徴

 

ホメオパシーだけでなく、身体と心に関するさまざまな知識と経験を持つホメオパスが、カウンセリングを担当しています。
子育て経験があり、解剖生理や、病理だけでなく、栄養学や毒物学に詳しく、インナーチャイルド、夫婦間の問題にも親身に対応いたします。

心やパートナーシップの問題、個人の本質については、数秘術を用いた独自のカウンセリングを行う場合もあり、レメディを飲む前から気持ちが楽になった、と好評をいただいています。

ホメオパシージャパンでのスタッフ経験あり。2009年にホメオパシーセンターを開設。

ホメオパシーをベースにしつつも、健康になるためには複合的な取り組みが必要と考え、
その他様々な角度からの健康のアドバイスをさせていただいています。

何かを押し付けず、共感を持って向き合う姿勢が、
多くのクライアントから支持されています。


               お申込はこちら


Homoeopathy Center SHIMOKITAZAWAホメオパシーセンター世田谷下北沢

〒155-0031
東京都世田谷区北沢2丁目
TEL 03-3485-1455
FAX 03-3485-1455
MAIL info@purileaf.com




 


ナビゲーション